予算が上がってしまう悪しき考え方とは!

前回の記事で

実は、考え方や視点を変えるだけで、

2階建てよりも平屋の方が、安く建てることが出来るということに

お気付きいただけたのではないかと思います。

 

とはいえ、その理屈は、

2階建てよりも平屋の方が、

面積が小さくなるからであり、

そうなれば「坪単価」は

平屋の方が高くなってしまうので、

坪単価に重点を置いている方からすると、

安いとは言えないかもしれません。

 

しかし、家を小さくすることは、

坪単価は上がってしまうものの、

建築コストはもちろん、

それ以外の様々なコストも安くなる

というメリットがあるのです。

家づくりの総予算をカットするためには、

坪単価という指標に囚われないことを

オススメさせていただいています。

 

 

無駄がない小さな平屋を建てると、まず光熱費が安くなります。

面積が小さくなった分、

体積も小さくなるからです。

 

そして、同時に、

家の中に温度差が生まれにくくなります。

廊下がなければ、

空気の流れを分断する場所がなくなり、

部屋が小さくなった分、

リビングダイニングのエアコンの余熱が

各部屋まで行き渡りやすくなりますね。

また、水回りスペースへも、

余熱が行き渡りやすくなります。

 

更に、家の固定資産税も幾分安くなるのですが、

この固定資産税と光熱費は、

生涯ずっと払い続けていかないといけないので、

長い目で見ると、

その差は歴然としたものになるかもしれません。

 

さらに、家を小さくすれば、

その分、土地の面積も小さくすることが出来ます。

そして、それに伴って土地の固定資産税も安くなり、

敷地をいっぱいに使う平屋を建てるとなれば、

外構工事費用も安くすることが出来ます。

 

ここまででも、なかなかなメリットだと思いますが、

まださらなるメリットがこの家にはあります。

 

逆に坪単価にこだわって家を建てると、

必然的に家は大きくなってしまうので、

家のコストが高くなってしまうのはもちろんのこと、

光熱費も家の固定資産税も高くなります。

 

また、土地も広く必要になり、

土地の固定資産税や外構工事費用も高くなります。

 

家のイニシャルコストが高くなった分、

借入額が増えて支払利息まで高くなってしまいます。

 

いかがですか?

坪単価はお施主様にとって都合がいい指標ではなく、

全ての業者にとって都合がいい指標であることが

お分かりいただけたのではないでしょうか?

 

低コストでいい家を建てるためにも、

坪単価に固執しないように

気をつけていただければと思います。

 

それでは^^