快適の定義

青空によくマッチした

なに一つとして装飾物がない

白く美しい平屋のこちらのお宅。

 

斜めにカットされた壁の奥から

チラリと顔を覗かせた天然の木が、

まるでメイン料理の添えの野菜のように

その美しさに拍車をかけてくれています。

 

そんな幹線道路沿いに建つこちらのお宅は、

きっと前を通り過ぎる人たちの視線を

釘付けにするのではないでしょうか。

 

今回は、

そんな交通量が多い幹線道路沿いに建つ

こちらのお宅について、

お届けしていきたいと思います。

 

天然の木をあしらった玄関アプローチを

進んだ先にある玄関ドアを開けると、

その目の前にはサンサンと光が差し込む

玄関が広がります。

 

そしてその窓からは美しい空が見え、

圧倒的な開放感を感じさせてくれるとともに、

まるで外で居るかのような

圧倒的な明るさにきっと驚かれることでしょう。

 

玄関を上がりホールを奥に進むと、

いつも空を眺めながら過ごすことが出来る

明るくて開放感に溢れた

リビングダイニングキッチンへと続きます。

 

ソファーに腰掛けながら・・

あるいは、無垢の床に

ゴロゴロ寝そべりながら・・

あるいは、食卓でご飯を食べながら・・

あるいは、キッチンで食事の支度をしながら・・

空を眺めることが出来る空間です。

 

また、その窓の奥にある「中庭」には

一面ウッドデッキがあしらわれており、

気候が良い時期はここで食事をしても良し、

そして夜はここでお酒を飲んでも良し、

の最高のアウトドアリビングです。

 

なんせ道行人たちからはもちろん、

両隣のお家の方からも

全く見えない場所にありますからね。

 

「中庭」を隔てた正面には

夫婦の寝室があるのですが、

この部屋のメインの採光は

北から採り込むようにしました。

 

1日中安定した光を採り込め、

かつその光量も優しく柔らかいのが、

北から差し込む光だからです。

 

 

そしてこの窓を開けると、

空を眺めることが出来るので、

春や秋などは、夜空を見ながら

眠りについていただくのも、

とっても風情があって

いいのではないでしょうか?

 

洗面室はキッチンから続く動線にしています。

それゆえ、日中、洗濯干し場としての

役割も果たす「中庭」までも、

あっという間にたどり着くことが出来ます。

 

外から全く見えないので、

せっかくの美しい外観を乱すこともないし、

防犯的に考えても安心感がありますしね。

 

また、それだけじゃなく、

「中庭」はリビングと寝室のどちらにも

つながっているため、

洗濯物の取り込みもメチャクチャ楽チンです。

 

上下移動がないだけじゃなく、

水平移動でありながら、

かつ、ちょこっと動いただけで

全部出来てしまうわけですからね。

平屋だと、たたんだ後の片付けだって

楽チンでしょうからね。

 

いかがだったでしょうか?

 

ただ単に外観が美しいだけじゃなく、

そうしている意味やその中身の充実感を

味わっていただけたのではないでしょうか?

 

ということで、

間取りはその土地で考えられる

デメリットを全て解消出来るように

考えなければいけないということを

頭の片隅に置きながら、

これから家づくりをしていただければと思います。

 

そうすることによって、

ホントに住みやすいお家になりますから!

前の記事

南向き信者が陥る罠

次の記事

40坪の土地に建つ家新着!!